ギターのナットの巻

地の果て地獄の相模原からコンバンワ~143.png

秋も深まってまいりました。チョ~暑かった夏もウソのようです。

さて、

本日はギターナットの巻

どんなギターベースでも、ナットとブリッジだけは必ずついているパーツ。

この2個がないと弦が脹れないですから。

そして、今回はナットです。

当然大変重要なパーツなのですが、

私的には、パーツの一つです。



多くの楽器屋さんリペアマンや、自称マスタービルダ~の意見として

・・ナットを見ればそのギターのすべてがわかる。・・・と断言。

熱く形状や取り付け法などを紹介しています。

なるほど。148.png

たしかにその手の方の制作したギターのナットはそれは丁寧に作りこんである。

そして通常ならわたしも・そうなんですよ~と答えたいが。

私の答えはギターパーツの一つである。144.png 

はっ~?160.png

なぜかって?

1.ナットが必要以上に作りこんであるギターで、よいギターを見たことがない。(良い音がするギターを弾いたことがない。)

2. F社 G社 PRS その大手メーカー USA製カスタムギターなど、それらのメーカのギターのナットは

 まさに・ナット:それ以外表現のしようのない・スタンダードなナットが取り付けられている。

3.USAのビックネームのギタリストのギターのほとんどが形状普通である。中には紙を挟んで調整している人もあった。


2・3ののギターには私の好みのギターだらけである。


上記理由により。

Oxymoron Guitarのナットも実にノーマルな形状。特に特徴のないスタンダードなものです。

え~っこだわってギター制作しているのではないの?って思う方も多いと思いますが、

そうなんですが、必要以上に形成されたナットって好きじゃないって・・・

いや・いいと思わないが本音か。

それにつくりこんだナットは見た目・個人的にまったくカッコいいとは思わないからです。

時間があれば、少し器用な人ならだれでもできるんじゃないかな。

ナットが目立って・見た目のバランスも悪く見えます。

なので、ノーマル形状の普通のナットが個人的にはベスト。

基本はナット幅と弦溝です。

その他は見栄えがよく見るよう、削って、磨いてあるだけで、

個人的にはどこが良いのかさっぱりわかりません・



※ フロイドローズ・ローラーナットは別ね。




いかがでしょうか。

そんなわけないよ~っ思っている方も多いでしょう。ナットは最重要パーツ、

つくりこんだほうがよい!派の人が多数でしょうか、

まっ、こだわったナットを制作しているリペアマン・ギタービルダーも多いので、心配ご無用です。

そんなわけでOxymoron Guitarのナットもこんな感じで、ノーマルな形状です。

とくに・これだ~って特徴もありません。

d0361438_22361139.jpg
























see yeh144.png

クラッシュエッグレコーズ



[PR]
# by clashegg | 2018-10-17 22:45 | Guitar


[PR]
# by clashegg | 2018-10-15 18:35 | MUSIC

地の果て地獄の相模原からコンヴァンわ。143.png

レスポールコンバージョン その5まで来ました。

理想のコンバージョンレスポール

第一位・56GT トップリフュニッシュ。剥がしたらセンター2P・フレイムトップ。 

第2位・54GT  トップリフュニッシュ。剥がしたらセンター2P・フレイムトップ。

第3位・56GT  トップリフュニッシュ。剥がしたらセンターややずれ・フレイムトップ。

第4位・54GT  トップリフュニッシュ。剥がしたらセンターややずれ・フレイムトップ。

第5位・56GT  トップリフュニッシュ。剥がしたら 3P・フレイムトップ。統一感あり。

第6位・54GT  トップリフュニッシュ。剥がしたら 3P・フレイトップ。統一感あり。

第7位・56GT  トップリフュニッシュ。剥がしたら3P・フレイム 小、統一感なし。

第8位・54GT  トップリフュニッシュ。剥がしたら3P・フレイム 小・統一感なし。

第9位・52GT  トップリフュニッシュ。剥がしたら3P・フレイムトップ。

第10位・52GT  トップリフュニッシュ。剥がしたら3P・統一感なし。



第X位・52-6GT コンバート作業する際に、ルーティングの位置が悪く、見た目のバランスが悪い。

    ブリッジ・テールピースの位置ズレ。トップのメイプルがバランスが極端に悪い。作業がDIY148.png
    

多くの方が欲しがるのが第4位あたりまでか・・101.png    

その他ネックリペア歴・パーツのオリジナルド、リフィニッシュの完成度。

そして出音で評価は変わってくるので、ご参考程度にしてください。

もちろんLP好きの方には本人なりの順位があるでしょう。



番外編・

58 GT まさかのセンター2Pフレイムトットプ。 これはオリジナルGTフィニッシュより高価かも。

52 GT センター2P フレイムトップ・ これは人によるが、ほしい人は多いかも。



究極コンヴァージョン・裏ワザ編。

そして52-56GTをベースにした本格・キング・コンヴァージョン。

当然・完成度は高く、有名なビルダーがカスタム・コンヴァージョンした個体のお話です。

MAXなどの有名ビルダーが50’sGTベースにしたものは通常のコンヴァージョンとは比較にならないほど素晴らしい。

MAXのレプリカでさえ、80年代物は、かなりの高額。オリジナルベースの物はさらに高価なのは当然。

日本の工房で制作・コンバートされたモノとは、見た目はもちろん、出音も全く勝負になりません。

ただし・オリジナルを重視する方には不評かも・・・・

腕のあるプレイヤーにはバカ受け。北米やUKのロックミュージシャンも多数愛用。

北米には優れたビルダーがおり、

数は多くないが、すぐれたコンバージョンレスポールが過去に制作されています。

当然深いカスタマイズがされていると推測され、

このあたりまでくると、真剣勝負。究極の達人のみが出来る仕事。

・多くの有名ロックスターが所有しており、秘密兵器として、レコーディングなどで愛用。

近年ではベースとなる個体が高価なため、ほとんどキング・コンヴァージョンレスポールは制作されていないと思います。

主観ですが、こんな番外編コンヴァージョンもあるんです。

いかがでしたしょうか。


お金を出せば、オリジナルLPは入手できるが、

いいコンバージョンレスポールはかなり難しい。

考えているとすぐに姿を消し、

焦って入手すると、・・・

ビンテージギターの中でもかなり特殊なカテゴリー。


TIP

本気で探すなら・過去のプライス・うんちくは忘れた方がよい。

普段のおこないの良い人は比較的入手しやすいようです。101.png

see yeh141.png



d0361438_19353339.jpg





[PR]
# by clashegg | 2018-10-11 19:37 | Guitar

地の果て地獄の相模原からコンバンワ~


連休明け、多くのご来店客があり・・(大変ありがとうございました。)

ブログUP出来ず。

コンバージョンレスポール その4の巻

54-5年モデルの次は

よりベースモデルとしては最適な56年モデル。

この56モデル・P90とチューンオーマチックブリッジ仕様で、

ストックのP90仕様でも人気があり、プライスも54仕様よりさらに高価。

しかも1年のみの製造なので、数が少ない。

そして、弾きこんであるものが多いので、なかなか状態の良い物を探すのは難しい。

56年モデルはとりあえずPUルーティングをハムバッカーにすれば、

57-8GT仕様に出来るため、かなりの個体が58仕様になっているのではないかな。

GTファンならこれで、大満足ではあるが、

問題はBurst ルックがほしい場合

トップをリフィニッシュしなければならないのだが、

54モデル同様・当然3ピーストップ。もしくは大きくセンターズレトップ。

センター2ピースのバランスの良いムレイムトップならよいがまずない。

もしあったたら、心配ご無用、大台に近いプライスタグが付く、キング コンバージョン

冷静に考えれば考えるほど・Burst仕様 conversion はハードルが高い。

この先はよほど運がよくないと、入手は困難だ。

何本かはある、限りなく Burst Look な個体。

迷っているとすぐに手の中をすり抜けていく魅惑のギター

see yeh141.png


d0361438_19434857.jpg



[PR]
# by clashegg | 2018-10-10 19:46 | Guitar

地の果て地獄の相模原は晴天・174.png 少々暑いかも・・・


コンバージョンレスポールシリーズ大好評・その3の巻まできました。

前回は54-5年の仕様まできました。

通称54仕様は、もっともコンバージョンベースにされているようで、

さまざまな仕様があります。

ピックアップのみハムバッカーにして Jeff Beck 仕様

  ※リアPUのルーテング間違えるとJB仕様とはいえません。

ブリッジのみチューンオーマチックにして 56年仕様

さらにハムバッカーにして 57-8年仕様

リフィニッシュして 58-60年仕様

問題なのは58-60年仕様だ。

80%は3ピーストップなので、どう見てもコンバージョンです。

半分バリトラ・半分バーズアイ・3-ピーストップセンタープレーン・左右バリトラ

2ピーストップはごくまれ、99%はセンターズレ

なかなか・理想は難しい。

出音は最高なのに・・・・

また明日。


see yeh143.png

クラッシュエッグレコーズ

d0361438_13005407.jpg




[PR]
# by clashegg | 2018-10-07 13:01

地の果て地獄の相模原からコンニチわ


 コンバージョンレスポール その1の巻続編・その2の巻144.png

52-3年ベースのコンバージョンレスポールはネックセット角の問題で、

純正状態でも、チューンオーマチツクに改造しても・・・難あり・・

当然ハムバッカー仕様にしてもPUリングを薄く削らなければならないので、

これもルックス的はすこし違和感を感じてしまう。

リフィニッシュしてサンバーストカラーにしても

大体3ピーストップで、お世辞にもかっこいいとは言えない木目で、

やはり、・・・・148.png


そして、54-55年モデルになると

ネック角も3~4°ほどになり、

チューンオーマチックブリッジに変更しても

ちょうど良いのでコンバージョンベースには最適

※一部初期54にはまだネック角が浅い物があり、少々不都合が出てしまう。

ワープラウンドブリッジの穴を綺麗に処理して、

2ハムバッカー仕様にすれば、

57-8GTコンバージョンの完成だ。

トップのフィニッシュもGTのままなら、

改造してあっても、オリジナルと変わらない価値があります。

もしトップの塗装をはがして

奇跡のほぼセンター2ピースのフレイムトップの場合

オリジナル純正より、高価かどうかわからないが、

純正より。高価で、すぐに売れてしまうのではないかな?



しかしだ・・・

正確な・ハムバッカールーティング加工と

テールピース・ブリッジの位置が最適なロケーションに

設置できていない場合が多く

古いコンバージョンの場合・大体位置がいい加減で、

綺麗に58GT仕様にコンバートできている個体はほとんどない。

そうなると妥協するか、さらに詰めていくことになるが・・・

理想の1本。なかなかありそうで無いの困った問題なのだ。

本日ここまで。


see yeh143.png

クラッシュエッグレコーズ




d0361438_14564506.jpg







[PR]
# by clashegg | 2018-10-06 14:58 | Guitar

地の果て地獄の相模原からコンヴァンワ~


ギブソンレスポール スタンダード

その中でも1950年代に製造されたものは

その後の同じLes Paul Model でも

全く異なる扱い。

状態の良い物はあまり市場には出回らず、

出てもそれは・相場・プライスが当てはまらないほど高価。

当然だが、Burst はもっとも人気があり、よほど収入がないと

入手は無理だ。

すでに57-58のGold topも大台を超え

何とか入手できそうなのは52-56年モデルのGT

でも・・・フレイムトップにハムバッカー仕様がほしいとなると

コンバージョン仕様しかない選択になってくるが・・・

もっともコンバージョンベースとして選ばれるのが

1952・3年のGT。

で、52-53モデルだとネック角度が浅いため

大幅なモデファイが必要となる、

もしくは、ブリッジ削りでなんとか我慢。

カラーは剥がしても超運がよくてもセンターズレの非対称トップ

運が悪ければ・3ピーストップの剥がさない方がよかったトップ。※ほとんどこのパターン

作業も熟練したビルダーが作業をすればよいが、

かなりの数のギターが テールピース位置、ブリッジ位置

P90からハムバッカーへのルーティグのロケーション間違い

そうなると正面から見ると・すべてのパーツが微妙にイビツな場所にあり、

やはりオリジナルバーストには届かない。

なんとも味気のないカラーフィニッシュで、

一目でわかる USA DIY 昔のコンバージョンレスポール

※昔は安かったため、それほど気にせず改造したようだ。

これがもっとも多く出回っているが、それでもかなりの高額だ。

しかし出音はヒスコレ・コピーモデルよりもはるかに良い。

その2はまた明日。

see yeh143.png

クラッシュエッグレコーズ
d0361438_20270086.jpg


[PR]
# by clashegg | 2018-10-05 20:38 | Guitar

地の果て地獄の相模原からこんにちは・・・101.png


59’ Les Paul Custom 2Pickup With Bisgby

これはしびれるね~

50年代のカスタムも数本だけ2 PAFピックアップ仕様があり、

※99%は3pickup仕様。

これはビグスビー仕様のかなりのレアもの。

ペグもグローバーインペリアルのようですな。

ジョーさんが弾くとこれまたいい感じ・・・





[PR]
# by clashegg | 2018-10-05 12:21 | MUSIC


[PR]
# by clashegg | 2018-10-03 23:35 | MUSIC

The Classic Rock Show

地の果て地獄の相模原からこんにちは。141.png

エレクトリックギターの王道ギブソンレスポール

コダワリのレスポールフリークは多く

当然ビンテージ愛好家から近年ものでも

ホンジュラスマホガニーハカランダ、などなど

細部のパーツまでコダワリにこだわった、1本を探す人も多い

それは、細かいこだわりの世界感があり、

ちょとやそっとでは、満足のレスポールとは認められない。

厳しい世界だ。

少ない予算で、いいレスポールを買うなんて夢のまた夢だ・・・

   ※実際にはそれは正解でもある。ある程度に詰めたらやはり50S'のLPしかありません。

    これは事実です。

特にうんちくもない個体は見向きもさず。

レギュラーレスポールなどは見向きもされず二束三文。

綺麗でも20マン以下も多い。

しかしこの画像はショッキングですぞ~
予算がない人にも。希望が見えたかも。

Howie G さんのゴールドトップ 80年代後半から90年代ころの

ギブソン LP Standard  スタンダード もしくは classicと、推測される。

しかし弾きこみました。一瞬57年のGTと勘違い?

どうよこのギタープレイ。と出音。

鳴りがきになるとこのギタリストが発言しても許せる。

しかし、まあこれでもダメと思う人もいるんだろうが

生演奏でこの出音はすごいよ。

いや~この人ギターうまい。音も最高です。





[PR]
# by clashegg | 2018-10-02 14:06 | MUSIC